【園長先生の知恵袋】集団の中で個性を伸ばす

mscareerlab-111

こんにちは。キャリアコンサルタントの谷口真紀です。

私は仕事柄、保育園・幼稚園・こども園の園長先生のお話を
じっくりとお聞きする機会があります。
あたり前ですが、ライフワークとしてこの仕事を選んだ皆さん。
一人一人、大変深い思いをお持ちです。

そんな園長先生の一人、M先生。
元小学校の教員。約30年の教員生活の後、保育園を開設。

小学校以降の「学び」を知り尽くしているからこそ、就学前、乳幼児期に
身に着けること、経験しておいたらよいことなどを考え、先を見据えた保育を
実践してらっしゃいます。

M園長先生のお話は毎回とてもためになることばかり。
保育や教育に関わる仕事をされている方にも、これから集団に入れる親たちにとっても、
知っておいた方がよいことがたくさんあります。
そんな園長先生の知恵袋を、少しずつご紹介いたします。

複数の子供を同時に見る「保育園」。
子どもの特徴に気づき、そこを伸ばす関わりができるのも、保育園ならではです。

じっくりと家庭で子供を見守る親御さんが気付く部分もありますが、
集団の中だからこそ発現してくる特徴もあります。

お友達の行動に興味津々でじっと見つめていて、マネをしようとする子。
一方で、周囲がどんなに騒がしくても、お庭でずっと虫を観察している子。

プロフェッショナルの保育士は、そんなお子さんの特長を見出し、伸ばしていくことが
仕事です。

—-キャリアコンサルティングで夢のチカラを引き出します!—-
〇保育園・幼稚園・子ども園キャリコン、受付中です↓保育士向けサービス