本当に大事なものに気付く難しさ

mscareerlab-111
良い天気の日が続いていますね。
ドリームマップを作ってからまだ1週間たたないのに、
いろんなことが起こっています。
というより身の回りのことに対して感度が高くなっているのかもしれません
これまでならスルーするメール、そのままゴミ箱に直行する
ダイレクトメール、そういうものの中に私のアンテナが引っかかります。
気になったらすぐ行動!の私。調べたり、電話をして人と話したりして
ここ数日は過ぎていきました。
そして、作ったばかりのドリームマップを見ながら感じていた
違和感の正体に、気づいてしまいました。
自分にとってはあまりにも大事なことだったからこそ、誰にも言わず、
心の奥底に封印していた思いに気づきました。
私にとっては宝石のように大事な思いを、誰かに否定されたら
それこそもっと深く傷つくのではないか、と思って無意識のうちに
自衛していたのだと思います。
本当に大事な思いは、なかなか出てこないものなんだ。
ドリームマップ・ワークショップでまる1日かけても、出てこなかった。
そして、ドリームマップが完成して、毎日見続けているうちに、
大事な思い、そして、自分で諦めてしまっていた思いに気づいてしまいました。
rakutan
ドリームマップを作らなかったら、多分またしばらく気づくことは無かったことでしょう。
そして、その間にもチャンスがどんどん、流れていってしまったことでしょう。
自分が本当に望むもの、そこに気付くことが、まずは難しいのだ
ということを改めて実感しました。
気づいたら、そこからスタート。
さて、次のステップはどうしよう?