仕事と「ゆとり」

mscareerlab-111

もうすぐクリスマスですね。

冬本番ですが、ここのところ暖かい日が続いています。

先週末は、見事胃腸炎になってしまいました。

幸い天気が良く、私は寝ていましたが、夫が洗濯機を4回も回して、

家じゅうの布団やシーツを干すこともでき、家の中の空気が

入れ替わったようです。

 

 

こんにちは。キャリアコンサルタントの谷口真紀です。

 

先日、事業所の中でキャリアコンサルティングを導入したいという経営者の方と

お会いしました。

 

従業員のこと、経営のこと、真面目に誠実に考えていらっしゃる姿勢に

心打たれました。

 

社内の人材育成の手法には研修という方策もありますが、

経営者さまのご希望で、従業員を対象としたキャリアコンサルティングを

実施することになりました。

 

新卒で就職した後思ったことが、学生時期は楽しい事8割、

つらいこと2割。社会人は反対だなぁ~ということ。

今思うと、「仕事=上から言われてやること」だったからなんですね。

新人なら当たり前かもしれないですが^^。

 

でも、仕事は人生のほとんどの時間と労力を費やすところ。

仕事の場でも楽しい!充実!を、もっと求めていいと思います。

そして、ハッピーでいて欲しい。

 

特に、子どもと関わるお仕事の方に対して強く思います。

 

そうじゃないと、働くママが安心して仕事に行けない。

保育園も幼稚園も、こども園も、先生方は私よりも子どものプロ。

そう思って信頼して預けてきたけど、時折見せる先生方の

忙しそうな様子、疲れた横顔に、申し訳なさを感じたこともありました。

 

実際長男を最初に預けた無認可保育園は、長男が退園し認可に移って

しばらくして閉園になりました。

園長先生がほとんどお一人で切り盛りされていた小さな園でした。

その後の認可園では先生が複数いましたが、

さらにその後に行ったスウェーデンの保育園は、

日本とは比べ物にならない環境でした。

先生の数、敷地の広さ、部屋の数もそうですが、何より、先生方が

仕事をとても楽しそうにされていました。

 

世間話をする余裕、ちょっとした気持ちのゆとり。

 

子育てに大事なのはこういった一見「無駄」「非効率」に見える部分

なんだなぁ、と実感しました。

 

日本の保育園や幼稚園でも、先生たちがもっとゆとりをもって、

働ける環境になったらいいなと思います。

 

そうすることで、一番の恩恵に預かるのは、子ども達ですね。

ed415076ce1030e3c6c07f7a33a4eade_s