【園長先生の知恵袋】人は言葉で生きていく

mscareerlab-111

9月は3連休が多いですね。
子ども達が家にいて、関わる時間が長くなると、
いろいろなことが起きますね。

こんにちは。
保育園専門キャリアコンサタントの谷口真紀です。
またまた園長先生の知恵袋シリーズです。

私が顧問をさせていただいている保育園のうちの一つ、
キリスト教をもとにした保育をしている園の園長のM先生。
園長先生は、長年の小学校教員の経験を持ち、また、クリスチャンでもあります。

先生の保育の方針は、聖書の言葉がもとになっています。

そんなM先生のおっしゃった言葉。「人は言葉で生きていくんだよ」
言葉によって元気をもらい、言葉によって癒され、生かされていく。
あのときあの人からこの言葉をかけてもらったから、あの決断ができた。
あの時、あの人の言った一言で、救われた。

誰しもそんな経験、1度や2度あるでしょう。

言葉はともすれば攻撃手段にもなるけど、人を生かすのも言葉。

それは、大人も子供も一緒。
保育園は、子供が、親以外の大人からたくさんの言葉をかけてもらう場所。
保育士の使う言葉一つ一つが、子供たちの心の糧となり、成長を促す栄養素になるのです。

子ども達には小さなころから、豊かで美しい言葉をたくさん浴びてほしいです。

これをママ一人が責任を負うのは大変ですよね。
保育園では、先生たちがこういった言葉をたくさん使って
まだ言葉が理解できなくても、おしゃべりができなくても、
言葉の栄養素を子ども達に浴びせることができる場です。

保育園を見学する時は、先生が子ども達にどんな言葉をかけているのかも
聞けるとその園の様子がもっと分かりますよ。

保育園・幼稚園・認定こども園における職員のキャリアコンサルティングのご依頼はこちらから↓保育士向けサービス