【園長先生の知恵袋】ワクワクする言葉がけ

mscareerlab-111

日差しがだんだんと暖かくなってきました。

桜のつぼみも少しずつ膨らんできて、春の兆しにワクワクしてきます。

こんにちは。

キャリアコンサルタントの谷口真紀です。

不定期掲載の園長先生の知恵袋シリーズです。

小学校教員歴30年以上、学校現場での子供たちの成長をわが事のように語る先生。

今回は、なんと、そんな先生お二人の対談にご同席させていただきました。

その対談から、一部をご紹介・・・

幼児期は、これから始まるたくさんの学びを吸収していく土台を作る時期。

赤ちゃんから始まり、大人になるまで、生きていくために必要なスキルや知識、そして

ものごとを捉え吸収する姿勢。その基盤は、幼児期に作られます。

学校の授業では、先生が子ども達にわくわくさせる問いかけをします。

わざと間違った答えを言って、生徒に「えーー!」と言わせたり、

考えさせたりすることもあります。

幼児期も同じです。

子どもが自分から「なぜだろう?どうしてかな?」と疑問を持つことが大事なのです。

そのためにも、子どもから「なんで?」と聞かれていつもすぐに答えを言ってしまうと、

せっかくの思考力を養うチャンスを逃してしまいます。

もっと言うと、その答えは先生の答えであって、その子にとっての答えではない場合もあります。

子どもに関わる先生たちは、この”発問のスキル”も、磨いています。

園庭で遊んでいるときも、なんでだろうね?という先生の一言で、子どもたちの表情が変わります。

こんな関わりの積み重ねが、保育園の毎日なんですね。

 

このやり方は、家庭でも使えそうです。

なんでも親がやってあげる、教えてあげる、ではなく、自分でやってみて、考えてみる。

一生懸命考えているときの子どもの表情は、ドキッとするほど大人の顔。

一人のパーフェクトな人間なんだなと思う瞬間です。